クタクタではダメ

現実にコンピュータの画面の前に座って休むことなく上下動している市場を見てしまうと何やら取引をしたいという抑えようの無い感情に突き動かされる人も多いと思います。

 

しかしながら、ぼんやりした勘で注文するのだけは、絶対に避けてほしい。

 

ご覧の通り、市場は24時間、どういう時でもいずれかで外国為替市場が変化しているし為替相場も上がったり下がったりします。

 

しかし、だからといって何度もトレードをしているとその回数分だけ損失を被るリスクが高くなります。

 

当然の事ながら、トレードの回数を積み重ねる事で、次第に勝つ可能性が50%、50%になるのは周知の通りです。

 

けれどもこの事実は「はっきりしない勘でエントリー」とは別の問題です。

 

売買回数を積むという意味は、あなたが「ここがチャンス」と思いついた確信を得られた状態でのエントリー回数を積み重ねるという意味です。

 

ただ、次々と売り買いを経験するのとははっきりと違います。

 

市場の戦いにi挑むには、自分がメリハリをつけることこそが不可欠です。

 

「ここは勝てる」と考えた外国為替相場の時には、いっそのこと所持ポジションを積み増して利益を追い求めます。

 

「ちょっと悩ましいマーケットでどう上げ下げするのか考え付かないな」と感じた時は潔く諦めて所持ポジションをひとつ残さず閉じて何もしません。

 

このくらいのけじめがあったほうが、最後には取引はうまくいきます。

 

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

まさに言葉どおりだと思います。

 

FXとはいつも売買ポジションを所持する事が肝心な事ではなくどれも持たないでじっと待っている事も状況によっては相場なのである。

 

それならば、どういった時に休む必要があるのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述の通り、最近の外国為替市場が明確に分からない時です。

 

そこからドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、考え無しで行動すると、自分自身で作り上げた物語とは逆にマーケットが変動してしまい損失を被る事になります。

 

そのため、こうしたケースではポジションを無くしてそのまま何もぜずに黙ってみているだけが最善の策です。

 

2番目に、自分の体の調子がよくない時です。

 

体の状態と市場に関係しないと思う人もいますが現実には意外とつながりがあります。

 

コンディションがあまりよくなければ、相場の重要な局面で必要な決定をする事が出来ない場合があります。

 

関心がわかない時は、取引から離れる事も大事な事です。